2013年01月31日

負けず

こんにちは晴れ


今日は昼休憩に更新。

午前中は口答実技試験の試験官で私も熱くなった。

特に熱い講師とのコンビネーションになると余計に、である。


指導者に必要な資質を問われるならば、「強い情熱」と「深い愛情」。

熱い講師の多くはこれらを兼ね備えている。

私はこの”強さ”と”優しさ”が共存した状態が最もよいと考えている。

事実、私が師事してきた人たちはすべてにおいて、この二大要件を満たしていた。



高校バスケを発端に高校陸上駅伝、全日本柔道女子が取り沙汰されている。

個々の案件に詳しくないので、コメントを発するに及ばないが、ただ一つ憤りを感じるには各マスコミをはじめとする一連の報道の在り方とコメンテーターと称する評論家の無責任な発言である。

一つの事象を取り上げて薀蓄を唱えたところで何になるのか。

最も大事なところは事実確認と原因究明、それに基づく対処法と是正である。

何でもかんでもただ「辞めさせればいい」と迫り、首の挿げ替えをしたところで何になるのか。

これはスポーツ界全般の問題であり、本質的なところに至るに及ばない。


報道陣によるプロバカンダは、世論に”短絡的な”旋風を巻き起こす。

一つ一つの過程を省みず、ただ白か黒かを迫る”市場原理主義”のような考え方を教育・スポーツの世界に当てはめる、むやみやたらな行為は止めてほしいものである。




今日のブログは何だか愚痴っぽくなってしまったなあせあせ(飛び散る汗)

私自身の声の声が憤りを感じてしまったようだ。

短絡的な発想に負けず、今日も頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation



posted by 河原 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。