2012年12月12日

成り立つ

おはようございます晴れ


衆院選挙前となり声高に各候補者が政策を訴えているが、「教育再生、教育再生」といわれると何か引っかかる。

「教育再生」というけれど、あなたはその現場に立ったことがあるのか?

教育とは現場で醸成されるコミュニケーションによって成り立つものだが、制度設計や資格制度を変えたくらいで変わるものなら苦労しないだろう。

それよりも人間味があり面倒見のよい教員に預けたいと私が親ならばそう思う。

行政であればその人材育成に力を注ぐべきだ。

試験ばかりやってても意味がない。

もっと人間らしく、いろんなことにチャレンジする。

そういう姿勢こそが、今の世の中に必要なのじゃないかな。

ということで、今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はA1柔道、S1包帯追試、S1臨柔講義。

A1柔道は最大の難関、形の肩車に入ったモバQ

これは取というよりも受の技量が大きくモノをいう。

その証拠に私よりも30kgも軽い白帯学生に私を持ち上げさせたが、いわばそういうことだ。

よって、今まで人を担ぎ上げたことのない人でもやれそうな予感がする。

すると結構な割合で持ち上がっていた決定

やはりお互いの協力だね。

何事も一方向では上手くいかないものですかわいい



S1包帯追試は全員合格グッド(上向き矢印)

こうなると気分がいい。

”やればできる”そのままだね。


S1臨柔は上腕二頭筋腱の断裂。

ここで解剖の知識が生きてくる。

どこをどう辿ったか、どう作用するのか。

よって、このような障害が起きたとき、どういう症状となるか。

ポパイの力こぶで印象付けられていると思うが、私の先輩にもそんな人いたな〜なんて話もできたね。

一つ一つ噛み砕いて、理解につなげてもらいたいものですかわいい


今日も頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation
posted by 河原 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。