2012年10月11日

さながら

おはようございます晴れ


心の天気は曇っていれば晴らすのがよい。

何で晴らせばいいかって?

それは人それぞれ。

私はもちろん柔道だけどね。

昨日もこぞって「柔道!」という人間が集まってきたわーい(嬉しい顔)

ということで、今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はA1口頭試問B班、A3柔道、特練、S1柔道講義。

A1口頭試問の合格率は上がるグッド(上向き矢印)

とりわけ後半組の合格率が上がるのは、それだけ情報の共有ができているということ。

そこにコミュニケーションがあり、相乗効果も期待できる。

一人で勉強していたら間違いを気づけないこともある。

周囲とよく協力して、試験等に取り組めばよいかわいい



A3柔道はまず校内柔道大会を回顧。

「よく頑張った」と称賛。

初心者集団のA3がついに成長した姿があった。

最後の追い込みはしたけれど、それで結果が伴えば「よかった」となる。

そして次へ。

認定実技審査に向けての練習。

形、受身、乱取り。

3年間の総仕上げに向け、柔道の方もほぼ順調ですかわいい



特練はまず校内柔道大会で移動した設備の現状回復から。

大会が成功裡に終えられたのも彼ら彼女らの力が大きいグッド(上向き矢印)

いつも表舞台に出て行くが、実は裏方もしっかりやっている。

これが人間的成長を迎えられるので練習の一環でもある。

面倒がらず動けるところに精神的精力の最善活用をみるのであるかわいい



S1柔道は柔道の歴史を紐解く。

何ゆえに柔道を創始したのか。

何のための柔道か。

この二つが非常に大きい。

傍から見ると競技にしかみえない柔道。

しかし、その意味を知るとすべてが”柔道”となる社会的進化論を地盤とする思想、価値観は今もってしても「凄い」としか言い表しようがない。

私も話してて興奮と有難みを覚えるものですかわいい



嘉納師範は柔道だけを教えたわけではない。

嘉納塾といって塾生を寄宿させ、朝から生活、勉強、柔道の面倒をみた。

本校もさながら寮こそないが、勉強と柔道の両面をしっかりとみている。

まさに”柔道”整復師の養成施設なのですかわいい


今日も頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation



posted by 河原 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296782846

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。