2012年06月07日

もう一丁

もう一丁です。


昨日はA3柔道、特練。

A3柔道は受身から投の形、足技まで。

受身とはいえ1年生に教えるそれとは違い、3年生には3年生への教えるレベルがある。

体を使う細かい所作は段階を踏まないと上手くいかない。

それゆえの解説、それゆえの比喩なのです。


一とおり上手くいったところで、投の形へ。

足技だが、手の崩し、全体の動き、そして掛けの動作がバランスよく相まって成立する。

それを細かく解剖、細かくレクチャー。

すると上手くなっていく。


指導者の役割は階段をつくることのみ。

あとは学生自身がそれを上ってくるかどうかだ。

気後れせず、一つ一つ上がっていけば無理はないでしょうかわいい



特練は水曜日ということでコーチ陣、OBが充実していて活況グッド(上向き矢印)

こういうときは遠慮せず、胸を借りにいくことが大事。

稽古をつけてもらう側だから、自分からいくのが礼節でもあるのですかわいい



待ち組みはおいてかれる。

それだけ。

今日も頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation


posted by 河原 at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。