2012年05月17日

心像を

おはようございます晴れ


やる気やモチベーションはどこからくるのかと思えば、「おもしろい」とか「楽しみ」からだろう。

苦役に耐えて耐えて開かれるということもあろうが、もう一度やるかと問われれば無理だね(笑)

今日の自分、明日の自分がとかく楽しみ。

そんな心像を描いていたい。

ということで、今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はA1口頭試問追試、A3柔道、S1臨柔、S1柔道講義。

口頭試問追試は半数強が合格グッド(上向き矢印)

はじめて触察を入れているので、難しい関門であろうが、ここは突破して欲しいところ。

やはり何もないところで人をみたとき、頼りになるのは基礎解剖の知識だろう。

それを体に当てはめられなければ宝の持ち腐れとなる。

1年生のうちに四肢は完璧にしたいからね。

あと半数の人、もう一回、頑張ろうかわいい



A3柔道は受身、投の形の腰技、払腰をレクチャー。

約30cmの歩幅の下がり、角度、引きつけ、間合い、受けの所作と細かいところまで教えることができたグッド(上向き矢印)

一つの技を習得するのに大まかに捉えるのも一つ、細かく細分化するのも一つである。

3年生では一とおり習ってきているので、細かく噛み砕き、大まかに再構成する。

やはり1時間も練習していると、皆、上手くなっていくものですねかわいい



S1臨柔は口頭試問、上腕骨。

その他は課題作成となるが、いかに描出していくかで自分への取り込み方が異なってくる。

手を掛ければ、掛けた分だけ自分のものになるでしょう。

要はイメージ力。

これからも口頭試問と合わせて右脳と左脳にアクセスしていきますかわいい



S1柔道は受身と抑え込みの袈裟固。

受身は少しずつハードルを上げながら、膝つきの前方回転までいけたグッド(上向き矢印)

受身は途中、ストップモーションが入ると上手くいかない。

タイヤ、車輪が転がるかのように点と面のコラボレーションで回っていくと上手くいく右斜め上

要は体に負担が掛からないようにするための技。

少しずつ恐さが取り除かれていけば、後々、何てことなくなってきます。


抑え込みは楽しかったねるんるん

前回、吉田先生に教えていただいた袈裟固に加え、逃げ方もトライアルした。

これでお互いの攻防がおもしろくなってきたことでしょうわーい(嬉しい顔)

気持ちいい汗がかけるようになったねかわいい


さぁ今日もいい一日にしようexclamation×2



それではまたexclamation

posted by 河原 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270353232

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。