2012年02月27日

継続のみち

おはようございます晴れ


昨日は愛知県の少年柔道大会でした。

一回戦から決勝までの4試合を審判したものですが、経験は積めたものの反省も多いですね。

最近は反則の適用スピードが早く、また選手や監督、保護者までもがルールの知識が豊富になってきたので、やじられることもしばしばです。

一瞬の判断、一つのジャッジが勝敗を決するわけですから、皆、必死です。

今回も試合中や試合後に先輩諸氏からアドバイスをいただきましたが、ルールブックに載ってないような解釈論や事例も教えていただき、よく勉強になったものです。

”柔の道”の選手時代は遠に終えましたが、指導者として審判員としての道のりはまだまだこれからですね。

ということで、今日も元気に生きましょうかわいい



一昨日はクラブと特練。

クラブは少数ながらも有志が集まり活況グッド(上向き矢印)

寝技は前回の続きの返し技。

立技はこれまた前回の続きで、足払を噛み砕いて教えた。

はじめて技の掛かった感動は今でも忘れない。

力でねじ伏せるような技は感動もないが、完全に力は抜けていて、崩しとつくり、掛けが一つになった技はとても気持ちのよい一本となるぴかぴか(新しい)

それをはじめて得られたのが、私が中学生の頃、高校生を投げた足払であった。

当時、力や体格差があっても投げれることを教えられてはいたが、自分にはできなかったので実感はなかったのだが、それ以来、柔道の魅力にはまった。

その再現性を高めるためにどのような稽古をし、どのようなタイミングを狙って掛けたかまでもレクチャー。

するとセンスよく、すぐにできる学生もいた目

畳の上をスケートリンクのように滑って投げれるのは楽しいよねかわいい



特練は自主練。

女子主将をはじめ、白帯メンバーが集う。

少人数なので、私も全員と手を合わせる。

寝技5本、立技5本と気持ちのいい汗をかいたぴかぴか(新しい)

まだまだ特に白帯は訳のわからないうちに投げられるので、意味がわからないだろうが、それが体験知識となり、体にインプットされていくので、焦らず続けていこうかわいい



さてクラブは今年度、最終回でした。

毎年、通年休まず出席した学生には皆勤賞を渡していますが、今年の受賞者は目

20120225112531.jpg


1年生の春〇ですぴかぴか(新しい)

最終回の出席メンバーと記念撮影カメラ

本当、よく頑張ったと思いますかわいい



さて今週は講義最終週だね。

最後まで気を緩めず、頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation

posted by 河原 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。