2012年02月06日

折り返し

おはようございます晴れ


中学校武道必修化に向けて、新聞紙上がにぎわいでいます。

中部では柔道を選択するところは少ないようですが、各県の差も大きく、大半が柔道を選ぶ県もあるようです。

柔道を選択されることは嬉しい反面、恐さも感じます。

それは本当に柔道に精通した人が教えるのかどうか。

体育教師がすべて武道に精通した人とは限らないのは承知のとおりですから、外部から講師のサポートを得るなどの対応をして欲しいものです。

自分も子を持つ親の身なので、余計にそう思う。

現場の教師も専門外の人は困惑しているようですし。

本校の学生も初心者がほとんどだが、常勤で4名もの柔道の専門家で指導ができる専科教員を有しています。

柔道はその競技特性上、危険が伴うからこそ、経験を十分に有した指導者が安全に配慮して教えるべきだと思うのです。

地域の柔道指導者を掘り起こせば、柔道指導のできる柔道整復師をはじめ結構、いると思われるし、地域と中学校とのコミュニケーションにもつながっていいようにも思うけどなぁ。

また年間10〜15時間なら礼法と受身と柔道精神をはじめとする道徳教育で十分でしょう。

それ以上に学びたい子は部活動か、なければ地域の町道場なりスポーツ少年団で学べばいいのですから。

礼法と受身と柔道精神をからだをとおして学んだ指導者に、子どもたちが教育を受ける機会があれば、本当の意味での日本固有の伝統文化を学ぶことにもなるのではないでしょうか。

ついつい放っておけないニュースだったので、今朝はのっけから熱くなってしまいましたが、今週も元気に生きましょうかわいい



一昨日は第3回定期考査5日目。

A1は生理学の試験でしたので注目していたが、わりと書けていたようです。

補講の甲斐はあったか、点数が楽しみですね猫

S1も2コマをクリア。

これで折り返しです右斜め上

今日からまた頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation


posted by 河原 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250667411

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。