2011年12月17日

瞬く間に

おはようございます晴れ


瞬く間に過ぎ行く日々。

気がつけば一日が終わる毎日です目

それだけ充実しているということか。

ということで今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はS1臨柔上肢講義。

お題は動揺性肩関節について。

いわゆる”ルーズショルダー”と称される”ゆるい肩”はなり易い傾向はあるが、後天的に起こりえるもの。

その特徴を示唆するところから始まった。

”いかり肩”でなく”なで肩”に多い傾向。

そしてオーバーユース的な要素。

下方、前後、ゼロポジションからの回旋、前方挙上位からの後方など不安定性をみる徒手検査法はわかりやすい。

既往がありデモ台になってくれた学生の肩をみても顕著であったことでしょう。

一般論としては対症療法が多いが、腱板の機能向上をはかる運動療法は肩の安定性を得るには有用であるといえる。

まずは解剖の知識を整理して、理解して欲しいものですかわいい



包帯テストも年内に終わらせたいのか、昼も夕もにぎわってたねグッド(上向き矢印)

柔道の練習も夜間部を中心に特練の時間に参加したりと積極的でいいことでするんるん

今日は昼間部でクラブだね。

私は休みを取っていますが、柘植先生にお願いしたので午前中のクラブで”いい汗”かいてくださいかわいい



それではまたexclamation




posted by 河原 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。