2011年12月09日

心もち

おはようございます晴れ


今朝は病院の宿直明けで外に出たら空気が冷たい雪

寒さに負けず今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はS1臨柔下肢講義。

今回は大腿内転筋群。

内転作用を主とし、ほぼ閉鎖神経支配のこれらの筋群は前後、上下、深さの位置関係を理解するところから始めるモバQ

どこに何筋が着いているかによって、内転以外の補助作用が変わっていき、またそれに付随する動作によって主役も交代する。

「内転筋損傷」

前中日監督の落合氏が現役時代によくこの傷病名で欠場したことを、中学生時代だったか心もち覚えている目

どこをどう傷めたのかは詳しく知らないが、これらの筋群の内、どれかであろう。

”股を締める”動作は野球にかぎらず、どのスポーツでも多く使われていることと思います。

同じ動作にせよ部位により、その訴えや症状は変わってくるかもしれません。

そのとき役立つのはまず解剖学的知識がものをいうのではないでしょうかかわいい



実力試験が終わって席替えしてみたが、今回はどう作用するか。

何れにせよ気分は変わることと思います。

あと自分の心もちにより、常にフレッシュな状態で講義を受けてくださいかわいい


今日も頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation
posted by 河原 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。