2011年11月18日

クリアへ

おはようございます晴れ


今朝は曇り模様。

夜には雨が降るらしい。

「そんな日もあるさ」と今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はA1臨柔、S1臨柔下肢講義。

A1臨柔は肘関節。

複関節として3つの関節を一つの関節包に収まる肘関節は上肢の自由度に寄与する。

一つ一つ構造を紐解いていくと、とても合理的なことがよくわかる目

屈曲・伸展、回内・回外、それを複合的に動かしたりもする。

それを円滑に制動するのが諸靭帯。

だから損傷すると不安定な状態となる。

私も肘の靭帯が伸びているからね〜

触察、テスト法でも行ったが、緩いと動揺性が出てしまうものなのですかわいい



S1臨柔下肢は殿筋群・回旋筋群の体表解剖、触察。

対象となる筋に対して、負荷をかけるとその筋腹が膨隆する。

これにて筋の輪郭が描出される。

深層であれば、骨のランドマークを頼りに想定。

これにておおよそのアライメントがイメージできる。

ストレッチングする上でも把握することは大事。

筋作用は起始に停止が近づくことであれば、それを遠ざける方向への伸張性も考えられるものですかわいい


さて包帯テストもクリアする者が増えてきたねグッド(上向き矢印)

昼間部は昼休み、夜間部は講義前と学生ホールが賑わっています猫

私、今日は出張で明日はお休みなので、また来週、みていきますねかわいい


今日も頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation
posted by 河原 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235764258

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。