2011年11月12日

基調

おはようございます晴れ


爽快な晴天に気分よし!

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日のメインは米田實学長の柔道に関する特別講演。

夜間部の全学生と指導者、道場保護者など講堂に一同集まり、聴講した。

学長先生はオリンピック、国体とスポーツドクターとして帯同する傍ら、日々の診療、そして柔道家としても幼少の頃から米田道場で始め、若い頃は医師の全国大会で3位に入るほどの腕前で講道館柔道六段の高段者でもある。

その経緯と背景から、柔道する上でのケガや事故の危険性とその対処法をわかりやすく解説された。


・オリンピックの思い出話

・柔道におけるケガや事故の状況

・柔道界にかつては多くあった古き風習

・柔道の本質である嘉納師範の掲げる理念

・ハインリッヒの法則

・重症事故の病態とその予後

・柔道指導者の在り方(医学的対処法)

・熱中症のメカニズムと対応策

・環境整備



一連のストーリーとして頭に入りやすいフレーズと優しい口調で話されていたため、柔道における重症事故とその対処法がよくよく理解できたことでしょう。

特に昨日は夜間部学生がメインだったためか、年齢層が高いからだろうか、一身に聞き入っていた。

また最後の質問もよかった。


柔道を奨励する一方で危険なことは回避したい。

そのためには正しい知識が必要で、今回は指導者のみならず、その指導を受ける学生たちをも聴講したことは大きい。

よって指導者のいないところで初心者が勝手に練習することは危険なことがわかったでしょう。

本校の学生のほとんどが柔道初心者。

柔道を楽しく行うには安全が第一であり、指導者がいてそれが守られてこそ、柔道のよさがわかるものなのですかわいい


特練でも単に肉体労働の練習をするのではなく、勉強して知識が増えるのと同じで、柔道して体の動きを学習する機会としたいと話したのも楽しく、安全に行う上での目標設定です。

さて今日も朝から安全に留意して、楽しくクラブをしていきましょうるんるん



それではまたexclamation









posted by 河原 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。