2011年10月13日

盛況

おはようございます晴れ


今朝は若干、曇り気味曇り

そんな日は気持ちを穏やかに過ごせばいい。

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はA3柔道、S1臨柔代講、S1柔道講義。

A3柔道は投の形の全般レクチャーを神谷先生から。

表立って前に出る二人になると勇気もつくが、必ず上手くもなるグッド(上向き矢印)

それを見越してのレクチャー。

今回もいろいろ指導を受けながら、上達していく二人を見た目

欲を言えば自分から手を挙げるペアが出るといい。

といいつつも、そろそろ第2回の定期考査週間。

終わったら実技の試験。

そして認定実技審査へと一直線となる右斜め上

一先ず小休憩ということで、勉強の方、頑張ってくださいかわいい



S1臨柔代講は肩鎖関節脱臼について。

よく起こりうるこの外傷は発生機序から考えるとよい。

多くは肩からの転倒で起こるが、要は肩甲骨と鎖骨間に外力が生じて起こりうるもの。

だから階段状変形やピアノキー症状などが出る目

今回は絆創膏固定など実技も入れた。

応急処置と競技復帰時ではテーピングの仕方も異なる。

万能な方法論などない。

その時期での目的意識を持てば、自ずと見えてくるものもあるはずですかわいい



S1柔道はルールについて。

主に国際ルールをレクチャー。

これで試合場から判定基準、服装、反則、負傷の際の取り扱いにいたるまで、よくわかったことでしょう。

ルールを知ればよりおもしろくなるグッド(上向き矢印)

そんな視点で勉強してもらえばと思いますかわいい


後半は絞技をレクチャー。

毎度ながら、男子を中心に盛り上がるグッド(上向き矢印)

でもおふざけでやってはならない。

正しく用いることで、理に適った技となる。

ただ絞めれば絞まるというものでもないことがわかったでしょう手(パー)

部位、圧の掛け方から逃げ方、活の入れ方まで、絞技一つとってもポイントはたくさんあるものです。

また試験が終わったら練習していきましょうねかわいい


とりあえず第2回定期考査前です。

口頭試問も連日、盛況グッド(上向き矢印)

ギリギリにならないと行動しないのは人間の性だねモバQ

今日も頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation



posted by 河原 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。