2011年09月12日

日々

おはようございます晴れ


最近、「自信がない」とよく相談される。

なぜだろう、と私自身もよく考えてみて、私なりに回答を得た。

「周りのことを気にし過ぎではないか」

自信というものはある人や物事などと対比の関係でつくられることもあるが、そのモノサシがすべてというわけではない。

もちろん、進級などある一定の条件が満たされなければ得られないこともあるが、それは結果が出てからその後の身のふりを考えればいいこと。

スポーツでいえば負けること考えて、練習や試合などしない。

それと一緒で今、出来ることといえば、目標に向かって目の前のことに一生懸命に取り組み、日々をクリアしていくことに他ならないのではないか。

及ばないことも多々あったが、私はそうやって生きてきた。

すれば後々、運も回ってきたものです。

焦らない。

まずは自分を信じること。

”自信”とはそういうところから生まれるのではないでしょうかかわいい



金曜日は所用があり、半日で上がって特練は柘植先生にお願いした。

土曜日は午前中、クラブから。

夏休みまではA1にはほぼ強制的に参加させていたクラブも、明けからは自由参加にしたこともあり、随分、減ったが、逆にモチベーションの高い学生が集まり活況グッド(上向き矢印)

寝技、立技とクラブでは実戦的なことを基礎的なことからじっくり教えていける。

多分、初心者からすれば「へー、ほー」の世界。

だからこそ、教えている側もおもしろいるんるん

これからも楽しくやっていきましょうかわいい



午後は面談をした後、特練の自主練へ。

参加メンバー+OBが集まり活況グッド(上向き矢印)

OBなど少年柔道の指導者となっている者もいるが、自分の練習ができるかといえば、なかなか時間が取れないのが現状でしょう。

土曜練習をはじめたのもOBが練習できる環境をもつくりたいと思ったから。

皆、以前に比べて息が上がるのが早くなったが、それでもスタイルは変わっていないからおもしろくもやれるるんるん

あとは現役とOBの交流の場にもなるしね。

後々、参加メンバーが増えてくるといいなかわいい



S1臨柔上肢は上肢帯の筋をレクチャー。

肩関節の可動性や支持をしているのはこれらの筋群。

それらを一つ一つ、伸縮テープで再現しながら、走行と作用をも覚える。

上手く貼れないとそれらの作用も再現できない。

そこに起始と停止だけでは及ばない走行の存在を感じることができる。

その次に触察へと移行できる。

その次のステップも垣間見せたが、まずは走行の理解からねかわいい



何事も日々淡々と。

よく言われたな〜「勝ってガッツポーズするな、負けて泣くな」と。



それではまたexclamation












posted by 河原 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225552368

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。