2012年05月19日

徐々に

おはようございます晴れ


今朝はすこぶる快晴ですねぴかぴか(新しい)

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はA1口頭試問追試、A1基柔、夜間部クラブ、特練、S1基柔講義。

A1口頭試問追試は手根骨の最終。

朝9時に集合としているのに、来たのはまばら。。。

だから最終まで来てしまうのだと。

来るものは合格する。

それだけの準備をしてきたからでしょう。

その知識の習得が”楽しみ”と思えるといいんだけどねかわいい



A1基柔は下肢帯の骨学。

上肢が終わり、今回から下肢に入った。

上肢との違いは常に荷重のかかる構造をしていることと、歩行などの移動手段に使われること。

強いては座っていても荷重をかけているのが今回の下肢帯である。

そのための構造、そのための形態。

寛骨から腸骨、恥骨、坐骨と細部にいたるまで観察した。

なぜ突起となっているのか、なぜ孔が空いているのか。

その形態は必然。

なんといっても人類の歴史上、遺伝子を受け継いで、現代の生活習慣に適した構造となっているであろうからかわいい



S1クラブは受身から今回は横四方固まで。

受身もマットを使用してだが、立位からもできるようになり、抑え込みも横四方の形まで入ることができたグッド(上向き矢印)

やる気があり、楽しみにしてくれているから、こちらもおもしろいるんるん

体で覚えることは見ているだけでは覚えられないからねかわいい



特練はいつもどおり活況グッド(上向き矢印)

夜間部の方も主力からS2白帯メンバーまで参加者が多くてよいるんるん

昼間部も3年生から1年生まで参加者が増えつつある右斜め上

”今しかできないこと”は価値がある。

あとでもできることは先送りしてもいいでしょう。

今春、卒業したOGの馬場さんも久々に来て、後輩たちにエールを送っていました。

学生のうちにできることとして、特練の活動もあるものですかわいい



S1基柔は仙骨・骨盤の口頭試問。

今回からいつもの骨名称に加え、複合体である骨盤も入った。

ここでは覚えているだけでなく、表現力も鍛えられる。

「私が何も知らない人と思って説明してみて」

説明に説得力がなければ人は耳を貸さない。

患者さんを口説けなければ、次回にはつながらないでしょう。

ただ覚えたことを話しているだけでは、こちらはときめかないからねかわいい


あとは取り組む姿勢、モチベーションを徐々に上げていこう猫



それではまたexclamation




posted by 河原 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。