2012年03月23日

大きく

おはようございます晴れ


昨日は休み日で娘の卒園式へ出向いた。

早いもので、もう3年。

4月からは小学生かぁ。

入園当初は親子の間を引き裂かれるかのように泣きながら通っていたのに、今では友だちもでき、しばしの別れを惜しむこともできるようになった。

子どもの成長は竹の子のよう。

これからも楽しみは続きそうですかわいい



一昨日は特練と修了式。

特練は午前、研究稽古で午後は愛大との合同練習。

午前は武術研究家の甲野善紀氏に来ていただき、様々な技の原理を教えていただいた。

体術というのは剣術の捌きにおいてもヒントがある。

斬られない体捌きは柔道の様々な動きの中で応用が可能と思われる。

連絡技、変化技、返し技、透かし技と枚挙に暇がない。

そのための稽古は必要になってくるが、柔道家が技を磨こうとする欲求はごくごく自然なこと。

鍛冶屋が切れ味を求めて、いかに刃を研ぐかというのと同じである。

技の切れ味を求めて、楽しみながら磨いていきたいものですかわいい


午後は愛大が出稽古に来てくれ合同練習。

体育会の柔道部で東海地区屈指の強豪校で、いつも以上に濃い練習ができたグッド(上向き矢印)

水曜日ということで選手のみならずコーチやOBも一緒に乱取りに参加し、汗を流したぴかぴか(新しい)

午前に理論を学んだあとは午後に実践。

ここにおもしろさがある右斜め上

すぐにできるものでもないが、こうしていると柔道が飽きないね。

超越した技の原理と若さと体力、スピードあふれる柔道のコラボレーション。

気持ちのいいものですかわいい



1,2年生の修了式も無事、終わりました。

各賞の授賞式も同時に行われ、この一年間の成果を感じられたことと思います。

1年生の感想の大半は「大変だった」。

しかし、大変というのは自身が”大きく変化”したこと。

大きな変化とは大きく成長したことでもあるのです。

その成長に自信をもって、2,3年生も過ごしてくださいとは私の修了の言葉でした。


3年間という短期スパンでの目標を達成するには”強い気持ち”と”集中力”でしょう。

ゆっても1年生とはいえ、あと2年。

鼻つまんで、目をつぶって頑張っても、すぐに卒業はやってくることと思います。

また4月から頑張ってくださいねかわいい



しかし夜のS1打ち上げでは飲みすぎたな〜

最後まで笑い、楽しませてもらいましたわーい(嬉しい顔)

店の前で大の大人たちが両手を大きく振って”バイバイ”するのは爽快でしたねるんるん

今度は卒業時にでも飲みましょうビール



それではまたexclamation
posted by 河原 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。