2012年01月17日

テコに

おはようございます晴れ


「モチベーションって何?」と聞かれたら、未来への期待感でしょう。

昨日、学生に「先生のブログをみるとモチベーションが上がります」といわれたが、1年生でもなく講義を持ったクラスでもなかったが、そう感じてもらえるのは嬉しいこと。

大きな期待感ではなく、かといって小さくもない。

「よし、頑張ろう!」と思う着火剤が日々、欲しいと思うわけ。

簡単にいうと目先の期待感。

大きな展望や期待感を持っていたとて、日々にすると単調なものであったりする。

そこを転化させるのが、このブログのねらいでもある。

”凡時徹底、一日一日を大切に”

これをテコに今日一日を充実したものする右斜め上

私自身も同じです。

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はA1臨柔、A1,S1臨柔実技、夜間部特練、S1臨柔下肢講義。

A1臨柔は足関節の基礎解剖。

距腿関節をはじめ足部の関節はすべて靭帯によって支持される。

ゆえに外側に何があり、内側には何があるのか。

その走行と役割は?

わかれば触察とテスト法もできることでしょう。

そのための1時間の座学、30分の実技。

理論と実技のサンドウィッチ方式で、理解を深める右斜め上

今回も”いい感じ”で受けられていたね。

試験は今回までの範囲です。

頑張って、勉強してくださいかわいい



A1,S1臨柔実技はB班へ下腿と足関節の包帯講義。

上下、太さの違う下腿を包み込む手法。

複数の関節を有する足部関節を支持する方法。

何れも今までやってきた包帯技法を使用したものです。

だからでしょう、結構、皆、上手くできていたグッド(上向き矢印)

2週間後には第3回のテストです。

それまでに確認テストをすべてクリアしておいてくださいかわいい



夜間部特練は1,2年生中心の黒白混合練習。

お互いの技量が違っても、その辺を理解しておけば”いい練習”はできるグッド(上向き矢印)

気持ちよく体を動かし、気持ちよく汗をかく。

1,2年生の形練習組も来ていましたね。

そうやって自分にあった目線で取り組んでいけばいいでしょうかわいい



S1臨柔下肢は下肢筋の触察、実技テスト第1班。

制限時間内にどれだけの表現ができるか。

部位、肢位、抵抗、指示と頭の中で構成し、試験官にわかるよう伝える。

この”わかりやすさ”が最大の武器になろうが、理解不足の部分もコントラストで出てしまうので、勉強が必要。

人に伝えるのは難しいよね。

でも、その練習をしておけば、自分ではよく理解できていることでしょうかわいい



さて今日も頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation

posted by 河原 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。