2011年11月01日

反復

おはようございます晴れ


寝ていると体が痛い今日この頃。

「よく昔はこんな思いを毎日していたよな」

と思いながらもどことなく心地よいグッド(上向き矢印)

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はA1臨柔、特練、S1臨柔実技講義。

A1臨柔は第2回定期考査の解答解説&上肢骨の触察。

テストの解答は一問一答?(二答かな)方式で理解を深めた。

選択問題だとたまたま当たることもある。

でもそれでは実力がつかない。

それを掘り起こし、「答えられないとバツ」と言いながら(冗談ですが)、気持ちを喚起させ行った。

逆に私の粗(アラ)を見つけてくれる優秀な学生もいて、その分は正当に訂正。

文言は丁寧に伝えないと自分の意図と違ったところに答えがいってしまうものですね。。。

そんなことしていると、時間は十分にあるだろうと思っていたが反面、なくなり最後はほぼ一問一答に戻り、触察へ。

前日、解剖をしたこともありテンションの高いままレクチャー。

人体には晒し骨がそのままついているわけではないことを強調しながら、骨の輪郭いわば体表上にランドマークを示しながら触察。

わかる点からわかりにくい点を探る手法を取り入れて明確化していく。

ここでどこに何があるかの周辺解剖の大切さも学べたと思います。

あとはまた各自、練習しておいてくださいかわいい



特練は夜間、昼間共に活況グッド(上向き矢印)

久々ながら夜間部の学生もそんなに落ちていないことを確認。

また白帯1年生の参加も増えて活気が出つつあるかな。


昼間部は各自が主体性のある稽古。

自分から「お願いします!」と言ってくる心意気を買いたい。

まだテスト明けで本調子でないものの、今は汗をかけるようになって気分のいいところだろう。

この調子でどんどん上げていこうかわいい



S1臨柔実技は包帯講義でA班。

ジュール、麦穂帯、亀甲帯と肩から肘にかけてレクチャー。

教えては巻き、巻いては教えの繰り返し講義。

その間、前回までの技法の確認テストも入れる。

とにかく巻いて巻いての集中講義。

まずは上手くいかなくとも走行と順序があっていれば決定

必ず年が明ける頃には上手くなっているから。

2週間の練習期間を経て、どんどんチェックもしていきます。

口頭試問のあとは包帯ロードだね。

まずは順序を覚え、丁寧に巻くことを心がけていきましょうかわいい


さて今日は昼間部の番だね。

頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation




posted by 河原 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。