2011年09月08日

一人よりも

おはようございます晴れ


家で3年ほど買っていた金魚が2匹、立て続けになくなった。

たしか夏の盆踊りで金魚すくいをして獲ってきた2匹だが、すくすくと大きく育ち、どこまで大きくなるんだと心配していたほどだった。

寿命なのか病死なのか、原因はわからないが、1匹がなくなった1週間以内にもう1匹がなくなったところをみると寂しかったのか(あるいは伝染病か)。

ライバルがいるから、仲間がいるから、家族がいるから頑張れる。

一人よりも二人。

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はA3柔道、特練、S1柔道講義。

A3柔道は投の形、手技を中心に解説&練習。

神谷先生の指摘を受けて、皆の前でやる様はとても刺激を受けたことでしょう。

やったペアは必ず成長します。

とかくそういうもの。

校内柔道大会でも形の発表会があるが、練習のつもりで自分の成長のために手を上げて欲しいものですかわいい


乱取りは活況グッド(上向き矢印)

3分6本は楽にできる右斜め上

2年連続準優勝のこのクラス。

今年は遠慮なく優勝するかなかわいい



特練はコーチ陣、OBが集まり活況グッド(上向き矢印)

新キャプテンの声も出始めてきた右斜め上

新チームは今年のチームに比べると戦力は低い。

だが、前チームと同じ意識で取り組めるはず。

それを皆で育てる。

指導陣だけでなく、OB、3年生が協力している。

皆、この道場で育った人たち。

一生懸命にやらないわけにはいかないねかわいい



S1柔道は形の復習から。

投げる投げられるのも理由があってのこと。

意味なく受けが飛んでいたら、それは演武ではなく演舞になってしまう。

その辺の精度を上げるため、今回は受けの所作もレクチャー。

投げられる衝撃を最小限に抑えるために受身がある。

だから受けもとても大切。

今回は初めて乱取りも行ったが、口酸っぱく言っていたことは「受身をしなさい」。

相手を投げることよりも、自分の身を護ることの方が先。

柔道の前身、柔術は一般市民の護身術として栄えた歴史がある。

まずは受身。

初回にしては動きもよく、大分、意識して受身もしていたので、スタートとしてはよかったねかわいい



柔道は負けることから始める。

結果、痛み、思いやり、優しさを知ることとなる。

おもしろさはそのあとについてくるものですかわいい



さて夏も終わったと思ったら、夏の間に二人もおめでたいことがあったようでモバQ

S1のHRでお祝いしたが、二人の新しい門出を応援したいと思いますムード



それではまたexclamation








posted by 河原 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。