2011年08月31日

そろそろ

おはようございます晴れ


話し合うって大切だなと今さらながら思う。

その人の状況、環境、あるいは組織や集団にいたってもそう感じる。

個人対個人の付き合いから、個人対集団の付き合いにいたるまで、それによって思考の擦り合わせができる。

それができなければ付き合いなどできないし、関係性もつくれないだろう。

それは学校であろうが、プライベートであろうが、ましてや家族であってもねかわいい



昨日はA1柔道、S1臨柔下肢講義。

A1柔道はこの時期から形の指導に入った。

初めて演武する投の形はどのように映ったかは想像するよしもないが、柔道は柔術時代から庶民の護身術として重宝され、言うなれば相手が襲ってきたところを投げる術が、投の形にあるといえる。

受と取の関係はまさにそう。

受からアクションを起こすのはそういう意味合いを表している。

だからこそ決まった形を練習し、それを修練することで精度を上げる稽古法なのである。

最近では柔道の稽古といえば乱取り中心ではあるが、嘉納治五郎師範は乱取り半分、形半分を理想とされていた。

本校の講義はまさにそれを取り入れているので、柔道の理想の稽古法といえるかわいい



S1臨柔下肢は下肢帯の連結。

下肢帯イコール骨盤にもなるが、その支持性を得られているのは靭帯の耐久性に依存している。

その靭帯を個々にレクチャー。

途中、骨盤部にまつわる話も取り入れて解説したが、学生の反応はいたっていい。

4月、5月で意味がわからなかった専門用語も今では理解できるからだろう。

特に骨の部位名称がしっかり頭に入っているから、ここがこうなってがきちんと頭で想像できているのが見て取れる。

嬉しいねわーい(嬉しい顔)

夏季実習もあり、共通言語、共通体験を通じて、春先にはまったく分からずクレームを受けたこともあるが、今では理解を示してくれる。

当時は”スピードラーニング”といって、「わからなくてもいいから聞いておけばいい」と言っていたが、やっとここにきて意味がわかってきたのではないかな。

口頭試問、課題、夏季実習を越えて、これからは落ち着いて講義に取り組めることでしょう。

もう口頭試問も課題も合格した人はないしねモバQ


さて今日は8月最終日。

日が暮れるのもそろそろ早く感じられそうですかわいい



それではまたexclamation
posted by 河原 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

励ます

おはようございます晴れ


夏の盛りが終わると祭りのあとの静けさのような、一抹の寂しさを覚える。

あー今年も熱い夏でよかったなと。

今度は収穫の秋。

春に蒔いた種を夏に育て、秋に捥ぎ取る。

そんな季節感をいつも感じていたいものですかわいい



昨日はA1、S1臨柔実技のA班と特練。

A1,S1共に夏休み明けで本調子でないものの、こちらはエンジン全開右斜め上

待ってましたとばかりに肘のテーピングをレクチャー。

この夏あったことなどを交えながら、肘の受傷機転からどう貼っていくかを示唆していく。

ここにきて夏季実習でやった上肢の触察も生きてきただろう。

夏休み前までにやってきた骨の課題や口頭試問も生きてきたはず。

だからこそわかる説明の意味と意図。

テープの走行やテンションのかける位置など、解剖が頭に入ってきてるからこそなのです。

出来映えを見ればどういう姿勢でどういう視点でどう考えて巻いたのかもわかる。

だから決して占い師ではない。

解剖を支点に捉えた柔道整復師なのですかわいい



特練は昼間部のみ見れた目

東海学生に出場する選手の最後の追い込み。

それをアシストするのが私たち指導者。

ぜひとも最後まで気を抜かず、完全燃焼して欲しい。

だからといって出来ないことをやれとは言わない。

人のことは気にせず、自分の最高でいいのだから。

それが結果的に精力善用、自他共栄となるでしょうかわいい


一日、一日を全力で消化すること。

キツイときほど「今日、一日だけ頑張ろう」と自分を励ます。

これが何年も続くと思った瞬間に萎える。

だからそうは思わない。

嵐の過ぎない夜はない。

生涯に渡ってキツイわけがない。

だから夏休みもあったのだろうし。

目的を果たすために身近な目標をクリアしていけばいいのですかわいい


やってダメなものは仕方ない。

でもやらずにダメなのは当たり前だよねモバQ



それではまたexclamation






posted by 河原 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

モードへ

おはようございます晴れ


今朝も秋晴れな感ぴかぴか(新しい)

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はA3柔道、特練、S1柔道講義。

A3柔道は校内柔道大会前ということで、投の形発表会に出るペアのデモと神谷先生からのレクチャー。

細かなところまでコツを教授いただき、行き届いた様子。

形に厳しい神谷先生から好評も得られ、いい感じグッド(上向き矢印)

あとは本番で緊張しないことだねかわいい


私からは国際ルールの復習と礼法の練習から。

3年生といえども、そんなに試合する機会はない。

だからこそ、この機会に覚えられるという学習の場でもある。

そんなこんなでレクチャー。

乱取りの後、試合形式の練習も行い万事決定

元々、実力のあるクラスです。

礼法まできちっと行い、下級生の模範となってもらいものですかわいい



特練は水曜日ということで、佐野先生、コーチ陣、OBが来てくれ活況グッド(上向き矢印)

校内柔道大会の選手も参加し、より盛況となる右斜め上

柔道をとおした交流の場である。

全学年が揃うことは年に数えるほどしかない。

この貴重な機会に向けて、それぞれが柔道精神を理解し、真摯にまた楽しくも取り組んでもらいたいと思いますかわいい



S1柔道も校内柔道大会モード。

意外にもルールに関する質疑応答に活況が帯びたグッド(上向き矢印)

皆、興味をもっているみたいだ目

そうだよね、テレビで観ているだけでは何で指導なのかもわからなかったのでしょう。

今のルールは守ったら即指導。

攻めなくても指導。

そして危険行為については即反則負けなのです。

当日はルールに則ったアグレッシブな柔道が観れるといいですねかわいい


乱取り、練習試合もそつなくこなした決定

精神が安定しているのか、初心者とは思えないほどの落ち着いた試合運びをみせた者もいる目

大事なことですね。

かの嘉納治五郎師範も柔道の稽古に励んだことで、疳積持ちがなくなったと後述している。

何事も”いい方向”に向かうといいものですかわいい



今日は朝から道場の畳上げに立ち会っていました。

今日明日で270畳の畳を総入れ替えですぴかぴか(新しい)

とても新鮮な気持ちで大会を迎えられることでしょう。

お楽しみにるんるん



それではまたexclamation










posted by 河原 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認知

おはようございます晴れ


世界柔道、団体戦は男子3位、女子2位で共にフランスに敗退。

人気で劣り、実力で負けるともはやフランスにお株を奪われた感もある。

しかし、先日、訪れてくれたフランスクラブチームからヒントも得ているので、まだまだいける感はあるグッド(上向き矢印)

また全日本女子監督の談話で「チームワークがよかっただけに勝たせてやりたかった」とあったので、この言葉が将来を予知させてくれます。

ロンドン五輪、きっとやってくれるでしょう。

私は底辺、地域の柔道振興と柔整教育に一役、買っていきたいと思いますかわいい



昨日は全日本実業個人大会2日目。

男子90kg級、男子100kg超級、女子63kg級に4人が出場。

男子は全日本出場経験者や全国大会優勝経験者と初戦から当たってしまい、早々に敗退したが、いい試合にはなっていた。

女子も名門校出身者相手に初戦を勝つなど善戦し、2回戦で実力者に敗れたが、本校に入ってからしっかり柔道に取り組んだ選手としてはその伸びしろは大きかったといえる。

このうち3人の3年生選手が引退となったが、悔いはなかろう。

これだけこの環境下で真摯に取り組んだのだから、十分です。

あとは週末の東海学生体重別大会まで練習相手だねかわいい


いやはや、大会にいくと昔の戦友らや母校の関係者らとよく顔を合わせるもの。

”米田柔整”もここ数年来、実業団の大会に出場してきたので、認知されつつあるようです。

特に戦績を残しているわけではないが「頑張っているね」といわれる。

ありがたい話ですね。

本校でもOBになって、久々に試合観に来たら、選手が頑張って試合している姿があれば嬉しいでしょう。

そんな形が理想系ですかわいい



さて今日からは通常講義が開始します手(グー)

夏休み期間は特練と実習に注ぎ込んできたが、今度は講義+αが対象となります。

私は大丈夫だが、学生は大丈夫かな。

今日からいきなりスイッチ入れていきますよ右斜め上

頑張っていこうexclamation×2



それではまたexclamation





posted by 河原 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

善戦

おはようございます晴れ


世界柔道、昨日は厳しい結果となりましたね。

勝負の世界は甘くない、というところでしょうか。

昨日、五輪3連覇の野村選手も4回戦で敗退しました。

同世代としてはとても応援していましたが、ロンドン五輪への道のりは厳しいと感じたものです。


本校の選手は男子66kg級で1回戦をGS背負投、2回戦は小外掛を透かしたような形で一本勝ちし、3回戦で前年度優勝選手に善戦したものの、最後は背負投で一本となり敗退。

しかしながら、2回勝ち上がっての結果はよく頑張ったと思います。

女子48kg級に出場したOGは2回を勝ち上がって、準決勝では一本負けしたが3位入賞ぴかぴか(新しい)

2年連続、講道館杯のキップを手にしましたかわいい


今日は大会2日目。

男女4人の選手が出場します。

そのうち、3年生3人。

悔いのないよう、精いっぱい試合してもらいたいものですかわいい



それではまたexclamation

posted by 河原 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

変化に

おはようございます晴れ


昨日から大阪入り。

代表者会議では当日の注意事項やルールの申し合わせ事項、というよりは最新の解釈や適用例のレクチャーを受ける。

国内・外のメジャーな大会が行われるたびに反省会が行われ、検討されていく。

変化に対応していくことが、最近の選手や指導者に求められていく資質となっていますね。


さて今日は大会初日。

男子66kg級に1名エントリーしています。

OGも女子48kg級にエントリーしているので注目したいものです。

しかし、世間の注目は何と言っても男子60kg級にエントリーした五輪3連覇の実績をもつ野村選手でしょう。

マスコミも多く集まりそうです。

選手には雰囲気に飲まれることなく、精いっぱい試合してもらいたいものですかわいい


昨日の世界柔道は銀2、銅2個。

こちらも頑張ってもらいたいですねかわいい



それではまたexclamation

posted by 河原 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

よい機会

おはようございます晴れ


世界柔道、昨日は銀メダル1個でしたね。

やはり世界で勝つというのは、相当、難しいことなのでしょう。

今日も元気に応援したいと思いますかわいい



昨日は三者面談、最終日。

いろいろ話をしていて大事な部分に触れる。

「何で柔道整復師になろうと思ったの?」

「父が柔道整復師でその姿がカッコよかったから」

父親であれば、そんな言葉を聞いてみたいフレーズです。

とてもよい動機である。

「今のお父さんの姿は学生時代からの積み上げだよ」

過去の自分が現在の自分をつくっているように、お父さまも同じなのである。

だったら今、どうすべきか。

決意は固まったようである。

あとは実践あるのみだねかわいい



スキルアップセミナーも盛況だったようですグッド(上向き矢印)

講師の卒業生の皆さんも充実したお顔でした。

これもよい機会ですねかわいい



さて私は今日から3日間、大阪です手(グー)

全日本実業個人大会に出場する選手を引率していきます。

出場する3年生は引退試合にもなる。

3年間、苦楽を共にした仲間たち。

しっかり見届けたいと思いますかわいい



それではまたexclamation



posted by 河原 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

何事からも

おはようございます晴れ


世界柔道で金メダル3個連取ぴかぴか(新しい)

調子いいですね、日本勢。

ただ、以前と違うのは毎年開催になったことと、1階級に2人エントリーできること。

世界チャンピオンになる確率が単純に4倍増えたことになる目

では日本の柔道人口が4倍、増えたか?

いいえ、フランスの人口比率にして1/6程度。

国内での人気は相変わらず低い。

柔道は全日本だけが頑張っていてもダメ。

もっと強さだけでなく、一般の人たちや子供たちが親しめるよう、地域の柔道整復師をはじめとする柔道愛好家たちが頑張らないとねかわいい



昨日は三者面談と特練。

夏休み明けを目の前にして、成績低迷者の面談が続く。

人から言われるのは気分のいいものではないだろう。

しかし、それでも貪欲に耳を傾けるべきだ。

「ちゃんと聞いているのか!」

さすがに保護者がいようとも、あまりの惰性に注意した。

誰のためでも本人のために保護者が出向き、校長も迎えて話しているのだ。

その意味をしっかりと理解すべき。

途中から持ち直したので、よしとしたが、今、何のために何が行われているかを考えて欲しいものですかわいい



特練は面談の関係でランダムにしかみられなかった。

それでもコーチ陣、OBが水曜日ということで、よく来てくれるから稽古に支障はない。

特練の組織をよく知りえるOBたち。

やはり彼らが頑張った時代があるから、今があるし、それをまた学生たちも感じ取っているから、こういう雰囲気が続いていられる。

もう監督がいるいないに関わらず、道場に雰囲気が宿しているようですかわいい



スキルアップセミナーも盛況だったようだねるんるん

久々に来たメンバーの顔もみえて、充実しているようでした。

何事からも学ぶくらいの姿勢で、取り組めばいいよねかわいい



それではまたexclamation









posted by 河原 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

周りから

おはようございます晴れ


昨日から開幕した世界柔道で日本人選手が金メダル2個を獲得グッド(上向き矢印)

気分いいですねぴかぴか(新しい)

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はS1夏季実習と三者面談。

S1夏季実習は応急手当救命講習。

心肺蘇生法とAEDの取り扱いについてのレクチャー。

毎度のことながら、頭で理解するよりも体で覚えた方が早い。

実践、実践、実践トレーニングの繰り返し。

最初のうちは覚えていないから、何度も指摘を受けるが序々にその回数も減ってくる。

それができてくると指摘ではなく、邪魔(やじうま)に入るのだから自分でも滑稽だ猫

でもこれも大事なトレーニング。

「止めてください!」「触らないでください!」

これがきちんと言い切れなければお役には立てない。

最後は小児への手法、気道異物除去、止血法で幕を閉じた。

ここまでしっかりやれるのは夏季実習ならではのこと。

ずっと体を動かしっぱなしだから、時間もあっという間に過ぎる。

よい時間でしたねかわいい



三者面談もこの時期だからできること。

また学生自身もまだまだ目標設定し、挽回できるグッド(上向き矢印)

さらには保護者から家での様子、背景も知ることで見えないところが見えてくる目

1年生だからこそ、まだまだ暗中模索の状態。

だからこそ、周りがその先々にスポットを照らし、また自分でも照らしてもらえるよう努力していくことが大事。

それが学校に入って勉強する大きな意味といっていい。

独学でできるというなら、そこに付随する人との関係性やコミュニケーション能力など育つよしもない。

それらをも育みながら、成長していくことに意義があるのですかわいい



私もよく周りから育ててもらいました。

もちろん、今でもそうですかわいい



それではまたexclamation


posted by 河原 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

力量

おはようございます晴れ


だいぶ涼しい感じがしますねモバQ

気がつけば8月もあと10日。

そろそろ学生たちも通常モードの状態に入れるよう準備してもらいたいものですかわいい



昨日は特練とA1夏季実習。

特練は午前寝技に午後立技。

淡々と練習をこなす姿に安定感がある。

午後はOBも来てくれ、胸を貸してくれたが、「力が強くなっていますね」とのこと。

この1ヶ月で力量が上がっているようだグッド(上向き矢印)

3年生は月末・月始に最後の大会を迎える。

引退まであと少しだねかわいい



A1夏季実習は救命講習。

「傷病者発見!安全の確認、確保」から始まる一連の動作も頭で覚えるよりも体が先。

最初は戸惑いながら、まったくといっていいほど覚えられなかったが、回を重ねるごとに精度が上がるグッド(上向き矢印)

AEDの使い方も音声に従い、発するのみ。

ただルチーンにないのは、やじうまかな。

なかなか演出の上手い?人もいて、笑えたねわーい(嬉しい顔)

最後は全員合格決定

有事の際には使ってくださいかわいい



今日が実習ラストになります。

頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation







posted by 河原 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

感動体験

おはようございます晴れ


昨日は少年柔道大会のあと、家族と24時間テレビの中継のあった栄へ。

前日からテレビをみていた娘が「募金をしたい」と言い出したから。

紙芝居など催し物を一とおり回った後、募金をしたら紙の募金箱がもらえた。

気をよくした娘はすぐさま「また募金をする」と言い出したが、「来年までにこの募金箱いっぱいに貯めてからまた来よう」となだめて募金会場をあとに。

小雨にも関わらず、中継のあるステージの前は人だかり。

「見たい」というので、肩車して小1時間、それに付き合う(娘はオードリーの春日が好き)。

すると1ヶ月ほど各地を回って募金活動をしていたキッズキャラバン隊が到着。

感動のフィナーレに立会い、娘の鼓動も高まる。

会場も大いに盛り上がったグッド(上向き矢印)

終了後は「私もテレビに出たい」と言い出した。

ならば「いっぱい勉強してアナウンサーになりなさい」と進言したが、娘のなかではアナとタレントの区別がつくわけもなく、ただただ周りの雰囲気と演出に感動を覚えたようだ。

感動体験をたくさんさせたい

これは親としての思い。

なぜなら、心を育むから。

私の肩と首は結構、痛んだが、感動体験が少しでも得られたならお安い御用。

今週も感動体験とまではいかなくとも元気に生きましょうかわいい



一昨日は三者面談、学校説明会、特練。

面談はいつものごとく、保護者、校長、本人と共に行った。

大体、フレーズは決まってくるが、それでも面識をもつともたないのでは大違い。

お互いに分かり合える部分も出てくるでしょうし、何より前向きになれる。

三位一体の改革。

これを本人を中心に起こしたいものであるかわいい



学校説明会は夏休み中とあってか急遽、1ブースを追加するほど人が集まった。

まずは校長挨拶と私から柔道整復師の説明を。

今回は例の新聞記事の件があったから、特に整体師との違いに力が入った。

わかりやすくいうと国家資格の有無であるが、学校で3年間かけて勉強し、国家試験をパスした柔道整復師と自ら独学で学んでも自称、整体師と名乗れる職業とでは自ずと差異がある。

はからずも会場で「柔道整復師ってどういう仕事だと思いますか?」と聞いたら「整体する人」と返してくれたのにはきっかけを与えてもらったが。

一般的には見かけ上、区別がつきにくいこともあるのでしょう。

ただ、何となくでもその違いがわかってもらえたならよかったですかわいい



特練は自主練。

現役学生は少ないが、OBが来るのでためになるグッド(上向き矢印)

今回も結構、いい汗かいていましたるんるん

その後は柔整大会の映像をみてもらった。

皆、そのときの感動と興奮を持ち合わせている人なので、興味津々。

今年もいい試合だったと報告。

そのためにつないできたのだから。

こうして残せるのと何年経っても観れるのでいいですねかわいい



説明会の個別相談も対応したが、結構、このブログもみてくれているみたいね。

学校の様子がある程度、わかるのではないでしょうか。

近年では1年生や柔道、特に特練の様子が描写されています。

あ、特練イコール柔道部ね。

興味のある人は初心者でも決定ですよかわいい



それではまたexclamation












posted by 河原 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

柔道整復師

おはようございます晴れ


今朝の新聞をみて、嬉しい気持ちと複雑な思いが錯綜目

将来の職業について、中学生が発表した少年の主張は接骨院での職業体験を経て、好きなことに関わる仕事をしてもよいのではないか、というものであった。

好きなサッカーでケガをして苦しみ、その苦い経験から同じことで苦しむ人を助けようという院長の志と、その傍らで学んだ少年の視点が過去−現在−未来をつないで、とても感心をよぶ内容となっている。

ただ一点、院長のことを整体師と紹介している。

なぜ、柔道整復師ではないのか。

接骨院の院長であること、ケガの処置、主にテーピングでの施術を紹介していることから、間違いなく柔道整復師であると思うのだが。

院長先生にはぜひ柔道整復師と自己紹介して欲しい。

整体師とは一線を画す職業であるし、それは少年たちが進路を選択する上で重要なキーワードとなるからだ。

それがまた社会認知性にもつながる。

面倒でも整体師といわれたら、「いいえ柔道整復師です」と訂正しよう。

その地道な活動がまじめな柔道整復師にスポットがあたる、よい機会であるのだからかわいい



昨日は特練。

寝技、立技ともによく汗をかいた。

個人の目標に合わせて行っているので、テンションは様々。

決して低いわけではなく、インターバルをどのようにおくかだけ。

実習との並行期間でもあるからね。

ただ集中力だけは切らさないようにしている。

今は自分のことを頑張ることが、周囲のためにもなる。

そのための個人主義。

一回、自分で自分を掘り下げる作業をするといい。

アドバイスはする、が畳に上に立ったら一人。

自分の力で展開する能力を今は養って欲しいかわいい


やっぱり柔道はキツイよね。

でも汗をかくと普段では得られない爽快感がある。

好きだけで柔道はできないが、好きなことに関れるということは幸せなことですかわいい


柔道整復師バンザイexclamation×2



それではまたexclamation

posted by 河原 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

何事も

おはようございます晴れ


今朝はスコールばりの雨が降ったりで、読めない天気目

どちらにしても傘はいるようです。

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日はS1臨柔下肢の夏季実習。

下肢帯から始まり、足指までの体表解剖、触察。

わかるようでわからないのが感覚的なもの。

それを腰からつま先までレクチャー。

こう思う、ということに自信が持てないのが普通。

それはまともに触れることが初めてであれば当然なのです。

それを何度も触れたり、マーキングすることで精度を上げていく。

実習はレクチャー、トライ、チェックの繰り返し。

だから2時間ほどの実習時間もあっという間に過ぎていく。

最後はその知識の使い方をレクチャー。

テープ一本貼るにしてもわかって貼るのと、見よう見まねで貼るのとでは異なる。

それは貼られた人が最もよくわかる。

だからテーピング本買って、いくら練習しても上手くならない(見た目は上手くなるが)。

その前に人体の構造を理解することの方が大事なのです。

丸暗記とは違う覚え方をまた一つ得られたのではないでしょうかかわいい


仮説と検証の繰り返しでしょう。

何事も猫



それではまたexclamation



posted by 河原 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

いい具合

おはようございます晴れ


私の夏休みは終了しました。

休み中は体を休めること、お墓参り、家族サービス、旧友らとの語らい、片付けなどをしていたらあっという間に過ぎ、こんなものかという感じさえします。

しかし、こんなものかの時間がとても貴重で、肉体的にも精神的にも潤いを取り戻すことができたように思います。

さて私の2学期は始まりました右斜め上

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日は特練、S1臨柔上肢夏季実習。

特練は午前寝技と午後立技。

その練習前には集合をかけ、方針を伝える。

「チームとしての戦いは終わった。その礎の上で個々の目標に従い、能力を伸ばす練習をする」

選手も選手以外も一緒の練習をしてきたので、土台は同じ。

その上でどう付加することができるかがこれからのチャレンジ。

だから「柔道を楽しもう」とも言った。

特に3年生は時間をかけて自分の柔道を深めるラストチャンス。

よいフィナーレを迎えるにはやりきること。

打ち上げ時にどう健闘を称えあえるかは、これからつくれるものなのですかわいい


水曜日ということでコーチ陣、OBも多々参加したが、久々に前女子主将も来ていい励みになったことでしょう。

彼女は東京で現役選手を続けています。

在学時よりも強くなっていました手(グー)

現役を引退してこの世界にくる人が多い中、逆に資格を得たことで職とチャンスを得て、思い切り柔道に励むことができている。

若いからこそできる技ではあるが、自分の人生に悔いなく生きるいい見本に思えたものですかわいい



S1臨柔上肢夏季実習は上肢骨の体表解剖、触察。

体表面にアウトラインを抽出し、触れていくトレーニング。

初めて行うと必ず起こるギャップ感。

解剖書や晒し骨では得られない感覚。

その差を埋める作業。

個人レクチャーができるのも、この夏季実習の特徴。

今回で4回目だが、いい具合に取り組むことができたグッド(上向き矢印)

体勢や肢位によって異なるポジション。

しかし、イメージができればそう難しいものではない。

最後は知りえたランドマークを使っての計測。

すべてがドラマ。

すべてがストーリー。

班員はそこに乗るだけ。

だからレポートも書かせる。

それは大切な振り返りの時間。

書くのに何度もそのシーンを思い出すことでしょう。

これで復習完了。

予習は今までの座学講義で済んでいる。

段階をきちんと踏めば、すべて上手くいくものですかわいい


さて今日は下肢編。

楽しんでいこうモバQ



それではまたexclamation






posted by 河原 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

柔整大会

おはようございます晴れ


体が痛くて目が覚めた。

別にケガをしているわけではない。

どちらかというとうなされるような感。

燃え尽きたあとというのは、いつもこんな感じなのですかわいい



昨日は全国柔道整復学校協会柔道大会。

前日入りして臨んだ大きな意味をもつ試合であった。

結果からいうと男子は予選リーグ1勝1敗で決勝トーナメントには上がれなかったが一部に残ることができた。

女子も一部予選リーグ1勝1敗で昨年同様3位となった。

結果的にもう一つの壁は大きかったのだが、後追してくる壁も振り切るのに余裕はなかったほど。

それほど今大会の各参加校の戦力は充実していた。

男子は結局、優勝した日本柔整に2-4で惜敗したが、逆にもう一つのリーグ校、日本工学院八王子には4-2と苦戦した。

数字だけ見ると何となく差があるように感じる両試合であるが、そんなことはなく精神的には競った試合展開であった。

女子も福島医療に1-0、優勝候補で2位となった関西医療学園には0-2で敗退し、男子と同様の感想をもつ。

その他、男子二部、三部や女子二部の試合を観ていても各校とも接戦が多く、柔整大会自体の性質的なレベルが上がったようにも感じた。

柔整学校がこれだけ熱心に柔道に取り組んでいることはいいこと。

強くても相手を舐めたような態度で試合してては価値はないが、強い弱いに関係なく一生懸命に取り組んでいる姿はよい。

そういう雰囲気が大会にあったことは参加者の一人として誇りに思う。

本校選手の学生たちも試合後、悔しがってはいたが、十分にいい試合をした。

それは同窓会の先生方からも十分に聞かせてもらえたし、私も監督として十分に満足している。

戦っていたのは何も試合のときだけではない、普段の練習も夏の二回練習も合宿もいつでもそうであった。

監督が陣頭指揮を執り、助監督がそれを補佐し、コーチ・OBが練習相手となり、選手・メンバーが全力で稽古し、マネージャーがサポートする構図は男女とも同じ。

同窓会の先生方からの数々の激励もそれを後押ししてくださった。

何も言うことはない。

柔道の教育価値は十分に感じられているのだからかわいい



少し休もう。

世間ではお盆休みにも入る。

柔道のことは少し忘れて、家族や友人らと時を過ごすといい。

そのうち痛めた体も癒えてくるだろう。

また17日からは練習を再開します。

それからは個人戦に向けて、また頑張ろう。

そのときまで、少し休んでリフレッシュするといい。


私もブログも5日間、お休みしますかわいい



それではまたexclamation






posted by 河原 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

舞台へ

おはようございます晴れ


清々しい気持ちで目が覚めましたぴかぴか(新しい)

今日から第44回全国柔道整復学校協会柔道大会へ向かいます。

偶然にも昭和43年第1回名古屋大会からの変遷を調べる機会があり、大会規定を紐解いていくと、はじめは段位制限があり、今の愛整大会に似ているような構造でした。

それが5年あるいは10年サイクルで改定がされ、ちょうど私が入学した年にあたる平成8年第29回東京大会から段位制限がなくなり、活況が増したようです。

また平成12年名古屋大会からは女子の団体戦(それまでは個人戦)も創設され、さらに活況が帯びました。

思い返せば私自身も全日本選抜団体や全日本学生に出場していた選手とも試合しましたし、近年では全日本や国際大会で活躍する選手も出場しています。

私が知るだけでも過去15回の大会を最初の3年は選手として、1年はOBとして、3年はコーチとして、6年は女子監督として、2年は男子監督としてまた大会実行副委員長として関わってきましたが、どれも鮮明に覚えており、思い出深い試合ばかりです。

さて今年です。

戦力も整い、気力も例年以上に充実しています。

特練の活動としては最大の見せ場です。

何せ柔整学校という自分たちのフィールドで全国の学生たちと柔道で競い合うのですから、この上ない舞台です。

ここまで練習してきた成果を発表する場でもあるのです。

十分に見せましょう。

何も心配することはない、いつもどおりの姿勢で柔道をし、勝負を楽しむまでですかわいい



周到な準備をし、当日を迎える。

だから心も落ち着いていられる。

調整が済んだら、東京へ向かいます新幹線

”いい報告”ができるよう、頑張ってきますね右斜め上



それではまたexclamation

posted by 河原 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

体制

おはようございます晴れ


早くもお盆前。

日本中が暑気休暇をとることでしょう。

総じて暑い国の人はあまり働けないといいます。

日本が四季があるので、お盆あたりに集中するのでしょうが、上手くできているものだなと思ったりもしますモバQ

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日は午前中、三者面談、午後A1実習、特練、S1実習。

三者面談は保護者を交えての会談。

校長と共に成績と普段の学校生活を伝える。

逆に家庭での様子、これまでの経緯を伺う。

大体、合点がいく。

そして今後の方針について。

これで変われなければ成長はない。

その辺を本人の自覚の下に促す。

外堀は固めた。

あとは内なる自我が芽生えればよしだねかわいい



A1、S1実習ともに応急手当救急講習。

実習ではとかく、いきなりやらせる。

事前レクチャーはすでに済んでいるのだから。

体で覚えるが身上。

頭で覚えたとてすぐ忘れるというのが人という生き物。

最初はできない。

では2時間後には?

決定なのですね〜わーい(嬉しい顔)

しかしなぁ、最後のやじ馬はハードだったなるんるん

そんなことをしているうちに覚えられたのもよかったひらめき

まじめなことを楽しくやるのはいいね。

これからも忘れずに話のネタにでもしてもらいたいものですかわいい



特練は調整練習。

もう選手にはマイペースにさせているので、あまり口を挟まない。

方針だけ伝えるのみ。

結局、畳の上には自分が上がるのだから、自分のペースでやるしかない。

試合はマイペースの骨頂。

それでいて試合は成立するもの。

あとはすべてサポート体制に入る。

先導は監督・コーチ陣が、後方支援はマネージャーをはじめ選手以外がついて回る。

これにてチームが試合体制に入る。

あと3日はこれに徹する。

いよいよ楽しみだねかわいい



さて実習3班も昨日で終了しました手(パー)

あと3週間はレポートなり、気分転換に費やしてください猫



それではまたexclamation






posted by 河原 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

調整

おはようございます晴れ


暑い日が続くようになりました。

でも夏はこうでないとね。

今日も元気に生きましょうかわいい



一昨日は午前中特練、午後からは同窓会激励会。

特練は調整段階に入り、量と内容を少しずつ落とした。

調整はハイピッチにならないことを心がける。

一息上げれば十分。

二息は上げないことが肝要。

ケガをしていればその間、癒すこともできる。

練習最後には「本気の試合をする」と話した。

一年に一回、これだけは譲れないかわいい



午後からは同窓会激励会。

今年も同窓会役員、柔道委員の先生方が集まってくださり、会長の玉川先生が狩猟した鹿の入ったカレーがメンバーたちに振舞われる。

これでいつもお腹と心が満たされる。

応援されるというのは素直に嬉しい。

するとそれに応えたくなるのが人の常。

「いい試合をお見せします」

女子いわく「華麗(カレー)な一本を取りにいきます」

本気の試合=いい試合(カレーな一本勝ちあり)

皆で華麗(カレー)なる一族になろうグッド(上向き矢印)

「エイ、エイ、オー」(柔道委員長)手(グー)

今年も心の”調整”をありがとうございましたかわいい



さて今日は実習、第3班の最終日。

そして柔整大会まであと4日。

頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation



posted by 河原 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

見据えて

おはようございます晴れ


涼しい夏もジリジリと暑さが増していきそうです。

今日も元気に生きましょうかわいい



昨日は午前、午後特練。

午前中寝技、午後立技にて午後は少し本数を減らした。

追い込みモードから調整モードへの変換。

大会に向けてギアをシフトチェンジしていきます。

すでに大会プログラムも届いた。

早速、ミーティングを行い、ポジションの確認。

対戦相手も決まって、研究に余念がありません。

ここまで来たら、モチベーションを上げるというよりも当日をぐっと見据えて気持ちを整えていきます。

動じない心。

肉体はもう仕上がっている。

あとは調整のみですかわいい


今日のお昼には同窓会激励会も学生ホールで行われますね。

同窓会の先生方から背中への後押しを受ければ、さらに前進できます。

今日も頑張ろうexclamation×2



それではまたexclamation

posted by 河原 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

個と全体

おはようございます晴れ


今朝の新聞からはお粗末な政争劇が。

何してるんだか、、、

日本には核たるリーダーがいない。

大衆迎合で右往左往しているのはいかがなものか。

これでは誰がトップとて同じ。

最早、そういう仕組みになっているのかもしれない。

観察はするが非観せず、今日も元気に生きましょうかわいい



昨日は午前、午後特練とS1臨柔下肢と上肢の夏季実習。

特練は午前寝技、午後立技の稽古。

それぞれ稽古を進める毎に新たな気づきを得てくれればいい。

選手は自分のことを考えて取り組むべし。

それは体調管理から始まって、どう柔道を展開するのか。

勝ち負けは試合でするものであって、稽古でするものではないから、失敗はたくさんすればいい。

だが10本ないし12本の乱取りの中で、何か一つでも得ていこう。

個レクチャー、全体レクチャーと寝技、立技ともにしたが、私が話すことは個々には個人にあったもの、全体には基本事項というか全体に共通するものをいう。

体格の有利、不利、組み手の段取り、技の構成パターン、勝負技の出しどころは考えればたくさん出てくる。

今週はそんなところにも時間が使える。

OBも木曜休みの人は来てくれるしね。

特練は今が一番熱い時期ですかわいい



S1臨柔下肢、上肢は体表解剖、触察。

座学で得た知識を体に当てはめるトレーニング。

レクチャーと実践を繰り返し行う方式で、下肢は骨盤、大腿部近位、遠位、下腿部近位、遠位、足部のすべて、上肢は肩甲骨、鎖骨、上腕骨近位、遠位と知識と手の感覚を頼りにマジックでマーキングしていく。

手が真っ黒になりながらも、それぞれが描出し、それを個々に回り評価・レクチャーできるのも夏季実習ならではのいいところ。

2コマ連続で17時から21時まで、4時間ほぼ続けて行ったが、時間が過ぎるのがあっという間に感じるほど次から次へとチャレンジできたグッド(上向き矢印)

何となく感覚が手に入ったのではないかな。

何度も何度も繰り返し行えば、キレイに描出できるようにもなってくるものですモバQ

最後はその骨指標を使って四肢の計測。

すでに自然と骨指標に手が届くところをみるとよく理解ができたようですねかわいい


マンツーマンでもやりとりができる実習はやはり楽しいものでするんるん

また月曜日も応急手当・救急講習を頑張りましょうexclamation×2



それではまたexclamation














posted by 河原 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。